企業理念と沿革

主役は人と自然。
「食・選択の時代」を切り拓く個性派グループ・池栄青果グループは「生鮮をより新鮮に、新鮮をより多くの方々に」がモットーです。

会社沿革

1947年
池袋の地に”つまもの”生鮮野菜・果物の小売販売と地域の料亭、ホテル、レストランへの納入を目的に事業を開始した。
1949年
西武百貨店池袋店に初出店し、以降グループ各店への出店(総合青果販売)をはじめた。
1959年
事業の拡大に対応するため法人組織に改組し、池栄青果株式会社を設立。
西武グループ(現セゾングループ)をはじめ有力流通業界各社、量販店、スーパー、駅ビルなどへ積極的に事業を拡大するとともに企業体質への強化充実を図る。また、仲卸業務の認可を取得し、仕入れ部門の強化に努め、商品供給に万全の体制を整えた。
事業の多角化を図るため、スーパー”フェニックス”と”こだわりや”部門を設立しスーパー”フェニックス”(スーパー部門)を開店、現在は東京・三田や東京・品川など他7店において総合食料品スーパーを展開している。
1987年
無添加、有機栽培生産品販売”こだわりや””こだわり市場”部門を事業化し、健康安全食品専門販売のパイオニアとしての地位を確保。
1995年
“こだわりや””こだわり市場”部門を首都圏に13店舗を展開し、年々成長拡大の基調にあります。
1999年
現在、首都圏デベロッパーからの出店要請が相次いでいる。創業以来半世紀、食を取り巻く環境は大きく変化し、当社の事業もそれに対応、新鮮で健康・栄養・安心を営業政策の柱に食品の販売に一丸となって成長している企業です。